寒波による給湯器の凍結、対策は?
ホーム > 寒波による給湯器の凍結、対策は?

寒波による給湯器の凍結、対策は?

2018年01月06日(土)11:48 AM新着情報

寒波による給湯器の凍結、対策は?

 

最近は東海地区でも最低気温が氷点下になるほど寒い日が続いています。

寒い日が続くと気になってくるのが給湯器の凍結、故障です。

特に空き家は水を使用しないため凍結しやすい環境にあります。

 

 

凍結しやすい環境とは?

・給湯器を使用しない(空き家・長期的に留守になる場合)

・気温が氷点下を下回る日が続く

・日中、日陰になりやすい場所に給湯器が設置されている

・風の強い日(気温が低く、更に風の強い日は特に凍結しやすい)

 など

 

 

凍結するとどうなるか?

水は凍ると体積が増えますが行き場を失っているため配管が破裂してしまうことがあります。その場合は凍結が直っても水漏れが発生してしまい大掛かりな修理が必要になります。

 

 

凍結予防策には水抜きが効果的です

給湯器内の水を全て抜いて凍結予防をします。製品説明書に水抜き方法が載っていますが不安な場合はメーカーに問い合わせてみましょう。業者を手配してくれたり電話で手順を教えてくれます。

 

 

また、ほとんどの給湯器には凍結予防ヒーターが備わっているため気温が下がると自動的に作動し、凍結を防いでくれます。

しかし電源プラグが抜けていたり、ブレイカーが落ちていると作動しないので気を付けましょうね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛知・名古屋空き家管理サポート.net   運営:レゴーニ株式会社

460-0008

名古屋市中区栄五丁目1番32号 久屋ワイエスビル9階

Tel 0120-017-052   Fax 052-265-5878

E-mail  info@regoni.co.jp HP  https://aichi758-akiyakanri.net/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



«   |   »